■社会保険労務士の仕事
【社会保険労務士ってどんな仕事をする人?】
 「社会保険労務士」は、昭和43年6月に制定された社会保険労務士法によって制度化された国家資格です。社労士とも言います。社会保険労務士法は、「事業における労務管理その他の労働に関する事項及び労働社会保険諸法令に基づく社会保険に関する事項について相談に応じ、又は指導すること」(同法第2条第1項第3)を社会保険労務士の仕事の一つとして定めており、社会保険労務を労務管理の専門コンサルタントであることを認めています。つまり、社会保険労務士は、人事・労務管理上の諸問題の相談を受け、企業の実情に応じて適切なアドバイスを行う専門職です。
 また社労士は、50種類以上にのぼる労働・社会保険諸法令に基づいて、行政機関に提出する提出書類や申請書等を依頼者に代わって作成する事務および提出代行または 事務代理(注)をはじめ、備え付け帳簿、書類等の作成などの仕事を行っています。

(注)「代行」とは、社会保険労務士の職印を捺印して依頼主に代わって申請書等の提出手続きを行うことをいい、また「代理」とは、関係諸法令に定められた事務について、委任状によって依頼者に代わって申請等を行う行為をいいます。


 社会保険労務士の主な業務は以下の通りです。
 1.労働社会保険の手続き代行
  ・労働・社会保険手続き
  ・労働保険年度更新
  ・社会保険の算定基礎届
  ・給与計算
  ・労働者名簿・賃金台帳の調整
  ・助成金の申請
 2.人事労務管理のコンサルティング
  ・就業規則の見直し
  ・就業規則の作成・変更
  ・賃金制度の設計
  ・安全衛生管理
  ・個別労働関係紛争の未然防止と解決
  (紛争解決代理業務については特定社会保険労務士のみが扱えます)
 3.年金相談
  ・年金の加入期間や受給資格などの説明
  ・年金請求書類の作成
  ・年金請求の代行
【社会保険労務士に業務委託するとどんなメリットがあるの?】
1.企業本来の事業に専念できます
 目まぐるしく変わる社会の変化に伴い、労働・社会保険関係諸法令の改正がたびたび行われています。その内容は複雑で、より専門的になってきており、こうした面に精通していないと、業務への適正な対応は困難となっています。 スピーディに、正確に処理するため、専門家である社会保険労務士にお任せください。
2.企業の省力化を推進することができます
 複雑で多様な能力を必要とする人事・労務管理業務には分かりにくく、面倒な面があります。 人事・労務管理の専門スタッフを育成するより、外部の力を活用することで無駄を省け、経営の一助となります。 社会保険労務士は、国家資格者であり、守秘義務が課せられていますので、安心です。
3.事務手続きがスピードアップし、より確かになります
 社会保険労務士は、労働・社会保険の加入や脱退、各種給付金、助成金の請求、帳簿書類の作成など労働社会保険の事務手続きを的確に処理します。 的確な処理は企業のリスク管理に役立ちます。そして、迅速な対応は他の事務処理にも好影響を与えます。
4.情報が入りやすく、経営の円滑化のお役に立ちます
 法改正情報をはじめ、業界知識や社会的動向について社会保険労務士がもつ知識や情報をご活用ください。 良いコミュニケーションで情報を経営に活かしてください。
5.人事・労働管理の専門家の適切なアドバイスが活かせます
 あらゆる産業分野で、賃金・人事制度の見直しが行われ、また、労働条件の改善や労働時間の短縮が進められています。労働者の意識も大きく変化しています。反面さまざまな業務の効率化が問われています。そこで必要となるのは戦略やアイデアです。 社会保険労務士は人事・労務管理全般に関する専門コンサルタントとして、事業主および従業員のお役に立ちます。
【人事・労務管理が難しい】
 経営目標を達成するためには、人の確保、人の活用、人の教育、労働条件の明確化、組織の活性化、あるいは安全衛生や福利厚生の確立などの適切な立案、維持は不可欠です。社会保険労務士は、それらの業務をサポートします。また、解雇・賃金不払い・ハラスメントなど、労使間の個別紛争トラブルの未然防止から解決までのご相談に応じています。
【年金制度ってよくわからない】
 年金制度は改正が繰り返されとても複雑になっています。社会保険労務士は、年金の加入期間、受給資格等についてわかりやすくご説明し、どんな年金がいつから、どのくらいもらえるのかなどのご相談に応じています。また、老齢年金・遺族年金・障害年金の請求に関する書類を作成して年金をもらうための手続きをお手伝いしています。
【労働保険や雇用保険の給付請求が面倒】
 従業員が業務上や通勤途上でケガをしたり、病気になったり、死亡した場合、従業員と死亡した従業員の遺族に対しては労災保険からの給付が行われます。また、雇用保険からも高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付などさまざまな給付が行われています。社会保険労務士はこれらの面倒な給付請求の手続きを代行しています。
【助成金ってどうするともらえるの?】
 助成金は毎年内容が変わるので最新の情報が不可欠です。社会保険労務士は起業、新規雇用、雇用継続、雇用改善などに適応できる、各種給付金・助成金に関する相談、情報提供、申請手続きを行っています。
【給与計算のアウトソーシングって社労士にも頼めるの?】
 給与計算には労働基準法、健康保険法、厚生年金保険法、雇用保険法の法律の知識が欠かせません。また、給与計算から考えられる人事労務管理のアドバイスも含め専門家である社会保険労務士にお任せ下さい。



トップに戻ります